家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 帰ってきたのですが

2008-09-26
帰ってきたのですが

帯広3泊四日の旅から帰ってきました....

ものすごく盛りだくさん、かつ思う所満載の旅だったのですが...
まだ 言葉にならないの...。

また 安易に言葉にしてはいけないような気もするの...。

そしてまた。4日さぼるとお仕事満載なのでした。
おまけに寒くなってきましたね!
子どもたちも早く眠るようになりました。

そんなわけで 今日は軽いネタで。

今日は姉のblogを読んで大笑いした。
私たち姉妹はそれぞれにblogを書いている。
別にコメントの応酬をするではないけど 時々読みにいく。

突然姉はマンガを描き始めた。
思えば当たり前のことだ。
子どもの頃 私たち姉妹は全員マンガを描いていた。
長姉などは 壁中に4コマをびっしり描いていたし
次姉も結構なストーリーマンガを描いていた。
私が最もヘタクソで 何度書いても面白くなくて 泣きそうだったのを覚えている。

今回の姉のコラム、マンガが面白かったわけではない。
文章を読んでいて 姉のパフォーマンスが目に浮かんだからである。
彼女はどこかのおうちで 映画の1シーンを再現するパフォーマンスをしたらしい。
それがウケて 何度も何度もやらされた、という。

そう、これ 姉の得意技だった!
「座頭市」のシーン再現とか 「ご存知、バカ殿」とか
数えきれない持ちネタがあり 私たちは大爆笑したものだ。
あー、なんか笑った。

今日 そんな私は 父親の名前で聞き書きコラムを書いた。
正確には ずいぶん前に私が思いついて代筆したものが ひょっこり出てきたらしい。
それで 少々の手直しをして web上でアップすることにしたのだった。
父はしゃべると生き生きするのに 「書く」作業をすると収集がつかない。

私はというと しゃべるのは全然ダメだ。
冗長になるばかりで 的を得ていない。
家族中からのブーイングを浴びたし、
今でも夫から「あんたの話はわからない...」とぼやかれる。
まだ こうして書いている方が 幾分マシではないかと思う。

リアルの知人の皆さん、
私のおしゃべり 困ってるでしょー?
いつもつき合って下さってありがとー。



Edited by じゅんか 2008-09-26 23:31:24
Last Modified 2008-09-26 23:31:24





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328