家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > おたずねがあります(1)

2010-08-16
おたずねがあります(1)

☆☆さん、こんにちはーー。

こちらこそ タンスのこやしをもらってもらってありがとうございます。

色々とご教授ありがとうございます。
○○さんのサイトも 拝見いたしました。

しかし、結構、見にくいサイトで 私は色々と検索するパワーを失ってしまいました...。
で、おもうことをぽつりぽつり書きます。

私は 先祖供養や 法事などに全く無知なので お恥ずかしい限りなのですが ぼんやり読んで下さればうれしいです。

長いです。

☆☆さんのおっしゃっている 「霊線がぐちゃぐちゃだった」の意味がわからないのです。
♪♪♪に移住されてから 曾祖父さまの代からのご供養はされていたのですよね?
少なくともほったらかしではなかったと思うのですが...それでも 「ぐちゃぐちゃ」ということになるのでしょうか...。


たとえば 私の実家の例でいうと、父親の生家....本家は、「親戚付き合いお断り」となっているのです。
様々なもめ事でうんざりした 本家の方々が判断したことなのですが....お墓は墓地ではなくて、本家の屋敷のすぐ隣に近い立地....仏壇は勿論 屋敷内にあるわけですから、分家としては非常にお参りしにくい状況です。私も結婚した時に お墓参りだけさせてもらいましたが、仏壇にお参りは無理......。門前払いに近いような感じです。

そんなわけで 位牌や過去帳を見ることは もはや 不可能に近いです。
小さい仏壇は どうにか買ったのですが、祖父より以前の代のご先祖様については 過去帳真っ白です。
しかしながら 郷土史その他を調べたり、父の記憶から 少しの情報はあります。
これも 因縁というか....××家(私の旧姓)は 少なくとも江戸時代頃から、分家ができなかった家系です。男児が一人しか成人しない...。二人成人した場合は 次男の家には 女しか生まれなかったそうなのです。地縁、血縁ばかりの山村にあって、村内には 同姓の家は2件しかありません。

そして、事実上の次男だった父のこども(=私たち)は全員女。長女は××姓を継ぎましたが、生まれた子どもは二人とも女ですから この姓は絶えることになるでしょう。

そして、○○さんのおすすめは 旦那姓のみのご先祖様を参拝する....ということだと思うんですけれども、そういった理解でよろしいでしょうか?

霊線がぐちゃぐちゃ....の意味がわからなかったので、ついつい自分語りをしました。



Edited by じゅんか 2010-08-16 22:57:42
Last Modified 2010-08-17 00:21:29





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328