家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 聖なる十二夜 2019 第4日目 12/28 

2019-12-29
聖なる十二夜 2019 第4日目 12/28 

夢は、覚えていない。


長男はバイトなので 朝7時出発。
おむすびと 暖かいお茶だけ持たせて 私は二度寝した。
次男は7時半に起きた。

いつまでも寝ているわけにもいかない....と
起きたら9時前だった。

次男は スパゲティが食べたい!と言うので本人に作らせてみた。
パスタの乾麺はちょうど一人前だった。

果たしてデミグラスソースとパスタの相性がよく、次男大喜び。
満足してから遊びに行った。

ぽつりぽつりと注文が来た。
長男の学生服の洗濯、ネイチャーコーナーの掃除と布の洗濯、アイロンかけをした。

お風呂場の換気扇を掃除したかったのだけど、分解そうじの仕方がわからず断念した。

次男はイブの夜にスノーボードをもらっていた。
そのスノーボードでボードの練習をした。

お昼ゴハンはおむすびと...マカロニとデミグラスソース...味噌汁。
昨夜の残り物で 私は満足。とーさんには少し物足りず、パンを焼いた。

次男は友達と遊ぶことになり、私ととーさんは 発送→長男の迎え。
アルバイトに送り迎え!と思うだろうけれど、うちの立地で冬のアルバイトをするのは なかなか大変だ。

歩いて行ける距離に冬のバイトはないし、冬のバイトがある伊達まで行くには 適度なバスがない。
研修の時など、14時から16時までの勤務なのに、朝7時のバスに乗っていかなければ間に合わなかった。
お昼のバスに乗ったら遅刻するからだ。
帰りも同じくで、16時に終わっても適度な時間のバスがないために 帰宅は20時過ぎ。

夏なら時間つぶしも楽だけれど、今は冬だ。
ここは田舎で 早朝時間をつぶせる場所は ほとんどない。(あっても寒い)

5日か6日だったとはいえ、この辛い研修期間を越えたうちの子、すごいな、と思う。
親バカだろうか。
同じ時期 我が家は繁忙期で、息子の送り迎えまでは とても手が回らなかった。

今は研修期間を過ぎたから、勤務時間は少し伸びたのだけど、適当な時間にバスがないのは変わらない。

年末年始ダイヤになると、ただでさえ少ないバスが運休している。
というわけで、さまざまな用事のついでに 迎えに行く。

いくつかのお店をめぐり、買い物とか。

ああ、お札をお受けしに行こうと思いつつ、行けなかった。

夕飯は 自家製ラーメンとごはん。

パンデミック」に再チャレンジ。
すごく頑張って、チームワークもバッチリ!だと思ったけれども ウィルスに負けた....と全員でガックリした。

しかしその後、とーさんが説明書を熟読し 私たちがルールを若干読み間違えていたこと、正統なルールの判断で行くと 私たちの勝利だったことがわかった。遊び方が、違っていた。がーーーーーん。

お風呂に入って、寝た。

長男と「マルチタスクとシングルタスク」の話をした。
私と次男は一つの作業に集中して取り組む「シングルタスク」の人間で、作業を同時並行することが苦手だ。長男は割と器用....
様々な作業を同時並行する「マルチタスク」が一応できる。
今のバイト先でも 楽しく働いているらしい。長男にとっては 「マルチタスクは訓練により修得できる技術だ」と思うらしい。
そうかもしれない。 



Edited by じゅんか 2019-12-29 11:39:03
Last Modified 2020-01-04 08:26:44





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2020 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328