家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 聖なる十二夜 2019 第5日目 12/29 

2019-12-30
聖なる十二夜 2019 第5日目 12/29 

夜空の色が変わった、という瞬間に起きた。
6時45分。


少しずつ、日は長くなる。うれしい。
冬至の朝は 同じ時間でまだ暗い。
夏至の朝は 3時半にはもう明るい。
時は 過ぎていく。意識しても、しなくても。

長男のお弁当とお茶を渡し、りんごをむいてから二度寝した。
後味の悪い夢を見て、気分がよくない。


次男が先に起きた。
9時ごろになり、私も起きた。
とーさんも起きた。

注文が来ているけれども、一つは住所が不完全で、一つは1/5日以降に配送希望だった。
欠けている住所を確認しようと メールしたり、電話したり、ファックスしたり。
これで回答がないのだから、留守なのだろう。

ああ、もう29日だ!年内はあと2日しかない!
というわけで 年賀状を作り始める。
家族全員の写真撮影はあきらめて、子どもたちの写真を並べ、手書きメッセージのスペースを広くとる。

そもそも私は手紙魔なので、手書きのスペースがいくら広くても何も問題ない。しかし今年の年賀状にはQRコードをつけたので、唯一携帯を持っている長男が帰ってこないと動作確認ができない。プリントアウトは夜まで待つことになった。

今日は日曜で 5時のバスがない。

急ぎの用事は特になかったけれども、昨日までに注文を受けた分の発送も兼ねてとーさんだけが伊達に行くことになった。これを思いついたのは午前中ギリギリだった。日曜日の発送受付は12時半で終わるので、昼食を食べてるヒマがない。お弁当を持たせることもできたけど、「いや もういいよ」と持たずに出た。うちのとーさんは 非常に繊細なので、適当な買い食いをしない。たぶん何も食べないで夕暮れまで過ごすつもりだろう。

お昼になり、遊びに行っていた次男も戻ってきた。
スノーボードのれんしゅう、がんばっているようだ。
残念ながら今年は雪が少なくて、近所のスキー場はオープンしていない。

軽くお昼ご飯を食べてから 次男は遊びに。
私は日記を書いたり、PC周りを掃除したり。

とーさんから電話があった。それ自体は大した内容じゃなかった。
電話を置いた瞬間に心のこもった長めのFAXが来た。
FAXを読み終えた瞬間に 電話が鳴り、割と長く話した。

「同時に」って不思議だなあ。
2019は頻繁にそういうことがあった。

.............................................
同じ日に 同じような人から連続で電話が来たり、立ち話を聞いたりする。

また違う日に、同じことで悩んでいる人に連続で出会う。
それぞれの人に接点はない。

奇妙な気分だった。

話がそれた。
夕食のためにカレーの仕込みをした。
前日のデミグラスソースを食べおいた瞬間に思い出した。
瓶詰保存しておいた自家製ソースがたくさんある。
次回はコレを使って何か料理をしてみよう。天袋から取り出しておく。

とーさんと長男が帰ってきて 夕飯
夕食後 年賀状をプリントアウト、宛名書き

オヤツタイムはバウムクーヘンと牛乳。

そしてボードゲーム「パンデミック」に再挑戦。
お!今回はいい感じ。しかし惜敗。

悔しくって再チャレンジ。
私の役割は「通信指令員」だった。
はじめてだなあ この役割カード。
通信指令員は大したことができないが 本人の承諾さえ得られれば 他の人のコマを動かせる。
ウィルスの撲滅の際に非常に力を発揮する「衛生兵」が次男、ウィルスの特効薬の材料を集めることのできる「研究員」が長男、調査基地を作れる「作戦エキスパート」が夫だった。

このメンバーは良い!(実際にはくじ引きで決まるので選べないけど)
頻繁に事件が起きて負けるかと思ったけれど、勝った!

わーーー よかったねーーー
じゃあ寝ようかーーーー

寝る前に年賀状を書き上げた。
む、今年は喪中が多いのでだいぶ出す数が減った。
でも 年賀状は足りなかった。
明日買えるかなあ。



Edited by じゅんか 2019-12-30 08:31:59
Last Modified 2020-05-05 20:51:55





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2020 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328