家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > それぞれの災害

2018-09-12
それぞれの災害

さて、長く地震ネタが続きます。


当地は道内を大きく分けたときに「胆振」地区内にあります。
今回の地震は「東胆振」が震源地だったので、本州の皆さんは 当地も被害が大きかったのでは、と思われたかと思います。

ところがこちらは 揺れたけれども被害がほとんどありませんでした。
一方で 厚真や安平はひどいことになってしまいました。


昨日は 被害の大きかった地域から、壮瞥に避難してきたご家族とお会いしました...。沢山お話を聞きました。報道されていなくても、被害の大きい地域は、あるようですね。


全道停電の間は ラジオなどのニュースを聞いて どこかの被害が大きいことはわかっていましたが、目に見える範囲は何でもありませんでした。
ただ ただ 停電区域が「全道」で「回復の予定は未定」なことだけがわかっていました。

たいていの住民は「しょーがねえべ!」と割り切っていたように思います。


オール電化の住宅に住んでいる方など 大変お困りだったかと思うのですが、開き直って2日連続BBQを楽しんだおうちなどもありました。

でも、淡々と過ごすこと、あせらないことは とても大事です。

実際、北海道はクルマ社会です。 信号が消え、ガソリンに限りがある時期にみんながあせって動き回ったら、かえって混乱したと思います。


本当にそれぞれの皆さんが それぞれに過ごしていました。
農家の方などは ごく普通に農作業されていましたし、道の駅では普通に「ゆでたてのとうもろこし」が売られていたそうです。


地震の直後から動いておられた 自衛隊/消防/警察/災害支援ボランティアの方々ありがとうございます。

今回の全道停電では 色々考えさせられることがありました。
家がつぶれたり、けがをしたりしなければ、夏の災害は多分大丈夫....だと思います。我が家の備蓄なら、たとえガスや水が止まっても一週間は生きていける!予定です。

冬の対策を ちょっと考えないといけないです。
古い住宅の時なら 簡易石油ストーブが使えたのですが、今わたしは 新しい高気密住宅に住んでいて、24時間換気のファンが回っていることで 酸欠を防いでいます。これが冬で ファンが止まり、FFストーブが使えなければ、なかなか厄介ですね....。一日くらいはふとんにくるまって暖をとったとしても、長丁場になれば 避難するしかないような気がしてきました。

むう、高気密住宅は確かに暖かく便利ですが、災害には弱いなあ.....。
色々対策を 考えます!



Edited by じゅんか 2018-09-12 08:40:19
Last Modified 2018-09-12 08:46:09





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328