家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 1/2の夢

2020-01-03
1/2の夢

断片がくるくる途切れる夢を見た。

とある近所の町の役場に行った。
受付に女性がいた。
女性は私のこの日記を熟読しているらしかった。

ああ、あなたなら 〇がダメなんですね。△が良いんですよね。
....と何かの段取りをしてくれた。

私は一言も話していない。
彼女がすべてを判断してくれた。
どういうわけか それは 病院の予約受付のようだった。

途中で
「あ、これは夢だ」とわかった。

とある知人が××県のおうちで過ごしている風景が見えた。
表情は明るかった。
言葉は「困った困った」と言っていた。

とある知人と 同じ名前を持つ 違う知人の顔がよぎった。

ああ、そういえば 小6の時に 一度だけであった女の子と文通をしたことがある。結構長く文通をした。

2年前に突然 とある人から手紙をもらった。
別人なのだけど 小6の時に文通していたペンフレンドと同姓同名だ。

ペンフレンドの顔と ××県の知人と ××つながりのたくさんの知人の顔を思い出した。

おしまい。



Edited by じゅんか 2020-01-03 11:51:15
Last Modified 2020-05-06 07:03:05





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2021 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328