家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 恥かき日記(2)

2019-10-16
恥かき日記(2)

「モノを作る」とその人そのものが 作品に反映されると思います。
この日記も たまに「痛々しくて読んでいられない」とか「生々しすぎる」と言われることがあります。

それは ちょっと わかります。ごめんなさい。

それはさておき、言葉をどんなに美しく飾っても、どこかに書き手当人が反映されてしまうのです。普段意識していないところも含めて。

どう感じるかは 読み手さんのお好みもあると思うのですが、描いている当人の私は、「上っ面だけで描いた」時には、猛烈に腹が立ちます。自分自身に。

「一生懸命面白く描いているつもりなのに、全然面白くない」こともしばしばあります。

毎号描く際には 「何かにこだわっている自分」に気づきます。
描き始めるまで その存在に気づいていないことも多いです。

でも そのこだわり?ひっかかり?があるうちは 読後感がすごく悪いです。
どうすればそこから離れられるのか わからない.....。
わからないんですけど、あがいているうちに、自分なりの着地点が見えて その時ようやく 自分が許せます。

そこまで来たら、ようやく4ページの流れにまとまりをつけることができます。...あ..でも完成間近は 自分自身のリアルに「やりきった感」があって、もうマンガを描く作業の記憶がありません。出来上がったのを見たら、自分で描いた気がしません。あれ、誰が描いてるんでしょうね。私じゃない誰かかもしれないですよ。本当に。

「まとまりをつける」....
単発で一個ずつ描いているweb上のマンガと アナログ版の意気込みが違うのはそこです。
4ページで ひとまとまりです。



Edited by じゅんか 2019-10-16 08:08:54
Last Modified 2019-10-17 12:31:20





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2019 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328