家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 何かを越えると

2006-08-03
何かを越えると

このごろ オットが協力的だ。

息子が赤ん坊の頃は 育児は90%私の仕事だった。
2才になって 北海道へ来て 在宅ワークになってからも
やはりその延長だったと思う。
けれども 今はオットも 子どものことをよく見るようになった。

子どもと過ごす時間のない父親が多いらしい。
子どもと過ごしていないと 子どもが何を必要としているか
たぶん わからないと思う。

一家で仕事をするというのは とてもいい。
子どもが必要としているのは 一緒にいてやること
ときおり じゃれる時間があること
親が生き生きと生きていること
両親が支え合っていること
共によろこぶこと

じゃないかな。



Edited by じゅんか 2006-08-03 20:59:41
Last Modified 2006-08-03 20:59:41





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328