家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > らせんの上をあるく

2007-05-26
らせんの上をあるく


幼稚園の先生の顔が 大学時代の友人にそっくりだ。
そういうことって 時々ある。
今 目の前にいるこの人は ずっと前のあの人と そっくりだ。
今日気になってる このことは 
あのときと それよりまえの ずっとまえと 同じだ。

そんな感じ。

幼稚園の先生は 昔の友人とそっくりだけど
印象がずいぶん違う。
当時 私の友人は 心のバランスを崩していて
顔も 仕草も 挙動不審で 異様だった。
きれいな顔立ちなのに それはすっかり 隠れていた。
彼女が今頃 元気なら きっとこんな顔なんだろうな....。

何度も何度も 同じ人に出会っているような気がする。
何度も何度も 同じ人に会うのだけれど
どの人も 同じ人ではない。

変な書き方だな。
たとえば 私の10分後は もうたった今の私ではない。
こころも からだもゆらめきながら
わたしのらせん階段を のぼっている。

ときおり 出会う皆様も となりのらせんの住人だ。



Edited by じゅんか 2007-05-26 20:23:37
Last Modified 2007-05-28 22:29:45





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328