家族新聞:みつやん通信 シュタイナー シュタイナー 少しずつ、トライ中....。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > シュタイナー > シュタイナー教育は 人を救いはしない(2)

2008-04-08
シュタイナー教育は 人を救いはしない(2)

さて、当地のシュタイナー学校というのは
夫婦の別居率が非常に高い。

もともとシングルマザー、あるいは 離婚家庭である場合
これはわかりやすい。
現代は そのような時代であるから。

シュタイナー学校は 今の所 学費が高い。
当地の場合で 月額約5万といったところだろう。
年間60万円+諸経費といったところか?

この金額を高いとするか 適正とするかは 各人の感性と 生活環境によるだろう。
ともかく、北海道、それも一地方都市である当地では
高収入を得られる勤務先はあまりないといってよい。
女性のパート先も同様で 時給も低いし
職種にも 大した広がりはない。

なので この学費を払い、生活を維持するために
都会、あるいは地元で お父さんが稼ぎ
母子が当地で暮らす、ということが しばしば起こる。

私は この感じが 何かどうも不自然に感じていた。

長くなるので 次へ



Edited by じゅんか 2008-04-08 22:38:49
Last Modified 2008-04-08 22:38:49





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328