家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > うっかり感動してしまう。

2019-08-06
うっかり感動してしまう。

皆さま 
どーーーーーか このくだらない記事をスルーしてください。

この夏、ここで 何度も何度も何度も何度も書いていて
自分でもおかしいと思うのですが、

何気なくググっているうちに 「淀工吹奏楽部の演奏」にハマったんですね。
最初複雑な気分でした。なぜなら....

「ここの練習風景が見ててツライ」だからです。
延々と朝から晩まで 練習/練習/また練習で 寝てるヒマあるのか!と思うくらいの練習量です。指導する側も、ついていく方も大変です。

しかし何か魅かれます。

ちなみにこの学校の演奏は 大変上手ですが、全国大会レベルになると周りのレベルもすごく高いので、「淀工の個人の力量は大したことない」という評価もあります。

全国金賞レベルを聴き比べると確かにそういわれるのもわかるんですよね。
しかし大好き。これとか。


聴き比べると面白い//コンクールじゃないですけども、同じ「ダフニスとクロエ」を大阪桐蔭高校が演奏してるんですが 大阪桐蔭はどんなポイントでもすごいです。
びっくりするぐらい上手い!!(音響の良いホールで演奏してる気もするけども、それだけでなく上手い)


一人一人がホントに上手い!
でも全体としても上手い!
芸術性も素晴らしい!文句なし!!!です。
学校の学科自体に「吹奏学科」があり、指導者も音大卒。
なんというか あちこちに洗練されたものを感じるのが大阪桐蔭の演奏です。

淀工は  全国大会出場最多校という伝統はあるものの、指導者は独学でここまで来た人でもあるし、学校はごく普通の工業高校なわけですから、入学資格にも 入部資格にも 演奏技術は問われません。音大に進学する子も、ほぼいないでしょう。

しかし私は 何か毎回「おおっ」と思ってしまうのです。

「センスが昭和」「ワンマンな指導」と批判も大きいけれど、3年生卒業間近に行われる定期演奏会「グリンコンサート」は 2500席のホールで4公演。全席のチケットは完売するらしいので、1万枚のチケットが売れるわけですよ。
でも 私もきっと生演奏を聴いたら うっかり感動して落涙すると思います。

でも 何度も言うように、大変複雑な思いです。



Edited by じゅんか 2019-08-06 16:15:12
Last Modified 2019-08-21 13:51:55





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2019 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328