家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 聖なる十二夜 第5日目(2)2016/12/29

2016-12-30
聖なる十二夜 第5日目(2)2016/12/29

そんなわけで暇つぶしに持って行ったマンガを2冊読み、
レビューを書かなければならないアントロ関係の新刊書を読んだ。

リフトに子どもたちの様子を見に行った。
すると カンジのストックが一本ない。
リフトから落としたらしい。

よく見ていると ようすけとその友達がストックを探しに出発している。
戻ってきて「見つからない」とサインを出すと 今度は職員さんがリフトに乗って探しに出かけた。

ストックは落ちたときに立ってくれれば見つかりやすいけれど、雪に埋もれたら全然わからない。

職員さんもわからないみたいで今度はスノーモビルも出動した。

カンジはよろよろしながら「ノンストックで滑ってみる!」といいながら さらに滑りに行った。

しばらくたつと 知らない男の子が近づいてきた。
「僕は○○君の親友です。カンジのストックを8人体制で探しています」
「ねえカンジ、もういちど聞くけど、どこで落としたの?」
「わかんない...」

○○君はようすけの友達だから カンジにしてみたら お兄ちゃんのともだちのともだち。みんなやさしいなあ....。
ようすけにとって スキー場のともだちは 名前を知らなくてもともだちだ。

ちょうどそのとき、職員さんが カンジのストックを見つけて渡してくれた。
ありがとう!ありがとう!

○○君のパパにも会ったので、「ホントに今日は助かりました。ありがとう!」と伝えた

この日は寒かったし、これで帰る!と言い出すかな?と思ったらギリギリまでスキーをした。
傾斜のキツイ斜面でようすけはするするすべり、カンジは何度も転びながら、一生懸命ボーゲンで。

全然へたくそなんだけど、楽しかったらしい。
明日もスキーをする!と真っ赤な顔で言った。

ようすけは ひょうひょうとした顔で
「沢山転んだらうまくなる!」と言った。

確かに ようすけは ただ冬中ずーっとスキー場で遊んでいるだけでうまくなった。スキー教室に通うお金がなかっただけだけど、ようすけにとっては それがちょうどよかったのだった。

ちょうど旦那も町から迎えに来てくれて 無事帰れた。
寒くて寒くて 帰ってからガンガンストーブを焚いて、スキーウェアを着たままで足踏みした。

夕飯は湯豆腐にした。
部屋があたたかくなったので、ホッとした。

さて、明日もスキーに行きたいらしい子どもたち。
年賀状の写真を今日も撮れなかった大人。
ちょっと残っている仕事。
さてどうするか?
もうすぐ今年は終わるのに。

明日は明日の風が吹く



Edited by じゅんか 2016-12-30 10:41:25
Last Modified 2016-12-30 11:11:41





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328