家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 材木屋ばなし//指導碁のような家づくり

2019-01-25
材木屋ばなし//指導碁のような家づくり

これ、昨年末に突然気付いたのです。

「仰天房は材木屋の建物として作られたのだ!」ということに 突然気付きました。


「えっ 知ってるやん」「当たり前ちゃう?」と思った人、いますよね...。


いやコレ、知ってたけど実感なかったんですよ。
でも わかりました。 突然にわかりました。

12月のある日、浄竿さんが作ってきたいくつかの家と そこに住んでいた人を思い出していたんです。


すると 雷が落ちたような気分になりました。
ああ、そうだ。あの家は あの人のための家、これこれの家はこれこれの人の家だった!他の誰の家でもなく.....ということが急にわかりました。

その人自身のふるまいとか 使い勝手にだけ注目しているのではなくて、その人の持っている可能性を引き出す家だったと思います。

画家のための家には アトリエに最適のスペースがあり、作品を飾る場所があり、すべての窓からの景色が美しく見えるようになっていました。

とあるお商売をされているおうちでは 商品をどのように生かすことができるかを 魅せる仕掛けがいくつも作ってありました。

我が家では クセのある木材をどれだけ生かすことができるかを さまざまに見せる仕掛けがいくつも隠されていました。

どのおうちも、何回見に行っても 新たに見つかる何かがありました。


ああ、あれは囲碁で言うなら指導碁のような家だったな...と思います。
住んでいる人だけにはっきりとわかる「仕事のイメージ」がある.... そのような家だったのだ...と今は思います。



Edited by じゅんか 2019-01-25 14:38:42
Last Modified 2019-01-25 16:15:54





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2019 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328