家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 1/2の夢

2017-01-02
1/2の夢

覚えているうちに記録

部屋の窓からKが入ってくるのを待っている夢だった。
何度もそれは繰り返され、そして 私はそれを楽しみに待っていた。
Kは学生時代に同じゼミだったような気がするけど、ほぼ話したことはない。
存在自体忘れていた人だった。

同じ部屋なのに、状況が変わった。
この部屋は私の友人S一家の家だった。
リアルのSちゃんは子ども3人だけど、夢の中では10人くらいだった。
みんなおだやかで良い子だった。

ご飯をいただくことになった。
でも 私が食事に加わったことで 子どもたちのご飯が減ったことがわかった。
あわててお金を小さなポチ袋につつんだ。

リアルのSちゃんは 様々な理由があって苦難の道を進んでいる。
夢の中のSちゃんの状況はわからないのに、私は説教をしようとした。
「苦難の道を行くのは もうやめろ」というようなことを言おうとした。

夢の中のSちゃんが 反論したのかどうか...でも伝わってきたことは
私があれこれ言うことではない、ということだった。

その通りだ。とおもったところで 目が覚めた。



Edited by じゅんか 2017-01-02 08:42:55
Last Modified 2017-01-02 08:49:55





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328