家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 靄の中のキャンドル

2012-07-23
靄の中のキャンドル


昨夜 靄の中をあるいた。

ことしの夏はさむい。
昨夜は特に寒かった。


有珠山頂でのイベントだったんだけども
ロープウェイの降り口から山頂まで キャンドルが灯されている。

たまたま 友達もばったり会い、
子どもたちのお友達もいて
大喜びのよっけとちびすけは 飛び回ってあるいてく。


ああ、美しい。
でも 一メートル先に歩く人の顔も見えない。
異次元にいるような気分だった。



時間とか 空間とか すごくずれた気がした。

山頂に飾られたお祈りのキャンドルには ヘビーなお祈りが多く書かれていた。
「おとうさん、天国のおかあさんと仲良くして下さい」
「おかあさんの分まで生きることができますように」

生き死にに関わるお祈りが目立って、びっくりした。

よっけは そんななかで

「やまぞいに 毎日雪が降るといいな」などと 
普通の人は書かないようなお祈りを書いていた。
真夏に スキーのことを考える10歳なんだなあと思った。



関係ないのだけれど、桑名正博さんが倒れて、危篤であるらしい。
昔々 私が関西にいた頃、
例によって 寅子ちゃんに呼び出され とあるお店に行ったら
隣のテーブルで桑名さんたちご一行が飲んでいた。

寅子ちゃんは 元々知っていたのか 何なのか
親しげに話しかけ、盛り上がっており、
私も勢いに飲まれつつ 握手をしてもらった。
もっとも私は そういう場面で気のきいた対応ができるキャラではないので、
離れた席に移動して 裏方の手伝いなどをしていた。
アツい手のひらの感触とか にじみ出るオーラみたいなのが感じられた。
昔昔のことなのに、昨日のことのようだな。

全く他人なのだけど、元気になって欲しいな。
アンルイスと 美勇士と 3人で ステージに立つ計画があったなら
ぜひ実行できるくらいに。



Edited by じゅんか 2012-07-23 01:07:42
Last Modified 2012-07-23 09:24:02





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328