家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 昭和新山物語を読む(1)

2013-08-27
昭和新山物語を読む(1)

先日「火の山」を読んでから、わたしのこころはざわざわしていた。


そして再び、山美湖図書室に行って「火山関連」のコーナーに立った。
有珠山をはじめ、火山とともに暮らす町なので、火山関連だけに絞り込んだコーナーがある。



わたしは 三松正夫さん本人が書いたものを読みたい、と思った。

余談だけれども、わたしはどうにも プロの手による報道を信じることができない。
昔々 なんだかんだで 新聞記者の取材を何度か受けたことがあった。
また 私の周囲で 新聞等の取材を沢山受ける人もいた。

そのとき、しみじみと感じたことは
「一生懸命話したとしても、正確に伝わることは少ない」ということである。

こういうニュアンスで話したのではない。
事実とは少々違うなあ。

とか そのたびにジレンマをかかえた。
もちろん、話題になることそのものが好ましいこともあるから
全くムダだったとは思わないけれど、いずれにせよ 本当に伝えたいことがあるなら、自身の伝達手段を持ちたい、と切望したことを覚えている。

もしかすると このような日記もその延長線上にあるのかもしれない。


話はそれたのだけれど、そのような想いを持って、
私はまず、ご本人の著書を読みたいと思ったのだった。



Edited by じゅんか 2013-08-27 08:24:00
Last Modified 2013-08-27 12:23:53





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328