家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 昭和新山物語を読む(2)

2013-08-27
昭和新山物語を読む(2)

さて、三松正夫著「昭和新山物語
手に取って 何ページかめくっただけで 涙が出てきた。
理由はわからない。

読み物としても 大変面白いです。
ご本人の生い立ちから書かれているのですが、これも全て大切です。
もともと私が知っていることは ごくわずかでした。

一人の郵便局長が 昭和新山の誕生を観測し、その記録が「ミマツダイヤグラム」として世界で認められた....。


わたしはふうんと思っていた。
毎日家の前でスケッチしてたのか、くらいな気持ちで。

いや そうではない。
ただ眺めていたのではない。
この本を読んで思ったのは この方の調査は 多岐に、そして長期間にわたって行われており、また、学術的な裏付けもきちんとある。

時間がありあまっていたとしても、こうした調査は常人にはできなかっただろうし、学者であったなら ここまで広範囲の 膨大な情報収集はできなかったのでは、と思ってしまう。


この人の生い立ち、56歳で昭和新山誕生を観測しはじめるまでの歩み全てが 「観測するためにふさわしい環境」を整えてられていたように思えてならない。

ネタバレになってしまうけれど、この種の本は恐らくもうあまり販売ルートに乗らないだろうし、ちょっと書く。



Edited by じゅんか 2013-08-27 09:20:59
Last Modified 2013-08-27 12:35:59





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328