家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 皆さん、我が道を行きましょう

2010-07-20
皆さん、我が道を行きましょう

今日は 面白い日だった。
色んなことが集中して ちょっと大変だったけど まあ いい。

ある友人が 広い広い原野を草刈りしていた。
彼は とても姿の良い人だ。
動きに迷いがない。


今日は暑かったし 私にとって 草刈りは苦行だ。
もちろん彼も辛かろう。
けれども 辛い中にも 草刈りを楽しんでいる空気が流れていた。

そういえば 彼の周囲はいつも きちんと草刈りがされていて 
少しずつ 少しずつ 植相が変わる。
風景がやわらかく なってくる。
ゆっくり ゆっくり 何年もかけて。

彼の奥さんも 広い広い野原で 赤ん坊をだっこしていた。
小さい小さいその子のわずかな意思表示が 彼女にははっきりとわかり
1歳にもならないその子は おしっこしたい気持ちをお母さんに伝え、
お母さんは気づいて 野原のすみっこで おしっこをさせていた。
しみじみと、良い、と思った。

帰ってから 彼女のマネをしてみたけれど 私は2歳のカンジがいつおしっこをしたいのか、
さっぱりわからない。
何度もチャレンジはしたけれど 本当に的外れらしい。
そして、面倒くさくなり おむつをつけてぼんやりした。


ある人のところへ行った。
さっと 楽器が出て来た。
彼女がさっと弦をつまびくと 良い音がした。
まだまだ練習しなくちゃいけない、といいながら
いくつかの曲を弾いて歌っていた。

「さわっていいわよ」と言われて 私も弦をはじいた。
良い音だけど、私がはじいた音は なんか いまひとつな音だった。
どきどきした。

わー すごい、と思う人に出会うと 自分もそうありたい、と思う。
だけど、そのままマネできるか、というとそうでもない。
しかし 落ち込まなくても良い。
私は私であれば良い。

子どもたちが寝静まってから
今日受け取った印象を文章にする。
いつも私は しゃべりすぎる 書きすぎる
それがコンプレックスだけど
でも なんか 言葉にするのが 私の仕事のような気がする。

こうして こころ揺れる一日があったことが 一番うれしい。



Edited by じゅんか 2010-07-20 22:39:11
Last Modified 2010-07-20 22:45:11





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328