家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 共同体について

2005-11-09
共同体について


二十歳の頃の私の夢は「コミューンを作りたい」だった。
当時いくつかのヒッピーコミューンが存在したのだが、どうも私の好みではなかった。

25才のころアドラー心理学が好きになった。
「共同体的なありかた」がキーワードだった。

28才のころ、オットと自給自足をめざした
31才で、ザセツした。
一つの家族だけでは自給は難しいのはもちろん、何か空しさを感じた。

33才で「人智学共同体」なる場所に出入りすることになった。
しかしここは私のイメージする「共同体」ではなかった。

共同体、とは何だろうか。
人と人が助け合う社会、つながりをさす言葉ではないだろうか。
町という共同体、職場と言う共同体、家族と言う共同体...
私たちは今ここで すでにいくつもの共同体の一員だ。

一番大切なのは自分自身のありかただ、と思う。



Edited by じゅんか 2005-11-09 23:13:09
Last Modified 2006-10-15 13:56:07





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2017 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328