家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 舵をとるのは 「私」(1)

2009-09-05
舵をとるのは 「私」(1)

ともこさんの一連のお話を聞いていて また 色々感じます....

親御さんのところへ行かなくなったら それで解決するかどうか...?
それは わからないなーって思うからです。

私自身の話をします。
私の両親も姉達も ものすごく頭の回転が速いんです。
私はね...彼らから見れば とても要領が悪い。
それで常に 「ああした方が良い」「こうした方が良い」
「そんなんじゃダメ」と色々言って来るわけですが....

私はこれを「聞き流す」ことができないんです。
「ああ、私のやりかたじゃダメなんだ。ああしなくちゃ、こうしなくちゃ」とあせってしまうんです。

マクロビを導入したり、シュタイナー教育をかじり出したりすると
私も色々と親に話します。
母親は「えええーそんな生活、できるわけないじゃん!」と言います。
時には 「やめときなーそんなの」と言うこともあります。

これはね...別に「だからヤメロ」と命令されているわけではなく、母はただ 感想を述べているだけなんです。

「命令されている」わけではなくても 「やめてくれたらうれしい」と思っているかもしれないけど それは 母の思いであって、私がそれに従わなければならないかどうかは別の問題です。母が何を思って、何を伝えたいと思っているか...は受け止めた方がいいのかもしれないけど。


父などは「シュタイナーなんて 所詮オカルト」とか言います。
父は中卒なんだけど 妙に調べものが得意で
ブラヴァツキー夫人の神智学協会のこととかも 何かで調べて知っています。
確かにシュタイナーは霊的な修行について多々述べており、まあ オカルトですよね。確かに。

これも「ヤメロ」と言われているわけではない。
父親はこのような裏情報っぽいことを調べたり 述べたりするのがスキですから
私が何かにハマり出すと必ずこういうツッコミをします。

そのたびに私は「また、お前はバカだって思われている!」「シュタイナー教育なんてヤメロって言われいているんだ!」と疑心暗鬼になるわけです。

でも これも よくよく聞いてみれば 「だからヤメロ」とは一言も言っていない。
「シュタイナーについて 父が知っていること」を披露しているにすぎないわけです。

もちろん ヤメてくれたらうれしいと思っているとは思うけど。
父は自分の道徳が一番スキな人なので。

長くなるので 続く



Edited by じゅんか 2009-09-05 22:33:03
Last Modified 2009-09-05 22:55:53





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328