家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 完璧じゃない自分を愛す(1)

2011-01-22
完璧じゃない自分を愛す(1)

マナーについて書いていて ふっと思い出したことがある。

マナーって守れれば随分良いと思うのだけど、
もしも、マナーを守らなければならない!ということに意識を傾けすぎると ぎすぎすすることもあろうかと思う。

話はそれるのだけれど、私は昔々茶道を習っていた。
小学生だったから 記憶は曖昧なのだけど、覚えていることが一つある。

亭主(お茶席の主催者)がお茶をたてる。
そのお点前をいただくときに、席順がある。
一番上座に座っている人を「正客(しょうきゃく)」といいます。
いわゆるメインゲストを指しますが、この人の役目は大変重要で、それ以外のお客さん(次客)とは全く違う扱いです。お点前をいただき、器を愛で、しつらえてあるお道具や 掛け軸などについてあれこれ亭主とお話したり、とお茶席の話題をリードするのです。

この正客は たいてい充分な教養のある方がされる場合が多いのですが、不特定多数の出入りするお茶席などでは その限りではない場合があります。

話題をリードする役割は次客以下にはありませんが、お点前をいただく手順だけは同じです。

しかし ここで一つポイントがあります。
次客以下は 正客のマネをしなければなりません。
茶道というのは大変細かい決まりがあるので、普通は とんでもない飲み方をする人はいないものですが、もしも正客がそのルールに則ることなく、おかしなことをしたら 次客は正式なルールではなく、正客のマネをしなければなりません。

お稽古だけでは もしかしたら習わないことかもしれません。もしかしたら 記憶違いかもしれません。でも、面白いなあと思います。



Edited by じゅんか 2011-01-22 23:18:58
Last Modified 2011-01-23 13:34:30





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328