家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > サヨナラ 道徳(3)

2013-11-18
サヨナラ 道徳(3)
コメント(2)

さらにずーっと前から気になっていたことがある。

「犠牲を払う」という言葉が 私の生家でよく使われることばだった。
世の中のために、また 人様のために 働いたり、何かをさしあげたりすることをさしていたように思う。

そのような「犠牲」は私の両親にとって とても大事なことだったから
私の両親が 人様のために割いてきた時間やお金は 相当なものだったと思う。
私の生家は 客商売としては繁盛しても 借入金が沢山あり、経費も沢山かかる店だったから いつも貯金はなかった。借入金が沢山あり、貯金はなくても 必ず「犠牲は払わねばならない」と思っていた。
少なくとも私は。

ニュアンスとしては 「自己犠牲」ぽい。
自分を犠牲にして、他者を助けるという意味のように 私はとらえていた。


一方で シュタイナー教育に出会って「自己犠牲」という言葉に出会った。
そのとき 私は タイン・チェリーさんの講義を聴いていたので それは英語だったんだけど

自己犠牲と和訳されるはずの self-sacrifice は違うニュアンスだった。
そのときの授業は 幼児教育における「人形劇」(puppet show)だったんだけど
人形劇の演じ手は 見ている子どもたちに 自分自身を捧げつくすのだと述べておられた気がした。私のうっすらとした記憶の中で『self-sacrifice』と書かれた板書を指差しつつ 講義をするタインさんの姿が思い出される。
(8年前の、しかも私のあやふやな記憶なので、違っていたらごめんなさい)

実際に 人形劇の実習をしたり、家で人形劇をしたりすると
ものすごく集中力がいる。
感情をこめないで 淡々と、できるだけゆっくり人形を動かし、
なるべく美しく置くだけなのだけど
「全身全霊集中」した時には 子どもたちの顔色は変わる。
それができていなければ 気の抜けたソーダを飲んだ後のような後味の悪さが残る。
少なくともわたしは。

self-sacrifice .....self-sacrifice .....

それは 一生懸命 今に集中するってことじゃないのかな。

もしかして 人間は どんなに人から笑われようと そしられようと
自分自身を一生懸命生きるのが 一番大事なことなんじゃないだろうか。


ああ、ああ、うまくまとまらない。
でも そんな気がしてきたのである。


ともあれ 私は小さい頃から身につけてきた良識を一旦脱ぎ捨てる。

「サヨナラ サヨナラ 道徳」



コメント(2)

Edited by じゅんか 2013-11-18 12:52:22
Last Modified 2013-11-18 18:26:02


コメント


自分自身を一生懸命生きる

私、久しぶりにこれを実践してる気がする。夏休み明けから幼稚園の送り迎えの時間を遅くして あまり人と接触しない状態になってるんだけど、、意識して人と会わないようにしたわけじゃないんだけど、これがすこぶる調子がよいです!自分のままでいていられるのですよ! なじめないエネルギーに一生懸命馴染もうとしてたんだな〜って気が付きました。全然儀気が付かなかったけど☆
だもんで何年か振りに自分と対面してるようなここ最近です。 

投稿者:じゅんぺーちゃん|2013-11-18 22:17:23


じゅんぺーちゃん

そっかー よかったね。

投稿者:junka|2013-11-20 12:23:37




HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2022 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328