家族新聞:みつやん通信 シュタイナー シュタイナー 少しずつ、トライ中....。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > シュタイナー > 必要な時に 必要なことを

2009-05-13
必要な時に 必要なことを

子どもが小さいうちは 家でゆっくり過ごそうよ、

小さい子は お母さんとお父さんが好きです。
これまで出会ったどの彼氏彼女よりも 一途にあなたを愛しています。
それは 小さい子を育てた人なら誰でも知っているように
あなたが仕事をしていても 
あなたがおでかけしていても
「いつ帰ってくるかな」と待っているのが あなたの子どもです。

彼ら彼女らが心の底からそう思っている時期に 一緒に過ごしましょうよ。


小さいうちなら 少々八つ当たりすることがあっても
抱っこして ゆらゆらして
同じ目線で少し遊んで...子どもは あなたを許してくれます。

でも 必要な時にそばにいてもらえず、
そして子ども自身にもわからない形で あるとき爆発したらどうでしょう。
それは学齢期かもしれないし 思春期かもしれません。

そのころに ゆらゆらしたって
抱っこしたって
悪くはないけど 良くもない。

いや 学齢期くらいまでなら それで良い場合もあるかもしれない。
だけど 思春期を超えたら?
たぶん それだけで解決するような 幸せな時代は過ぎているはずです。



Edited by じゅんか 2009-05-13 20:34:01
Last Modified 2009-05-13 20:34:01





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328