家族新聞:みつやん通信 シュタイナー シュタイナー 少しずつ、トライ中....。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > シュタイナー > ひきこもりについて

2005-11-09
ひきこもりについて

最近 ひきこもりについて考えることがあった。

ひきこもりについてよく知っているわけではない。
社会が悪い、とか本人が軟弱だからだ...とかいろいろ言われている。
どちらにも一理はある、と思う。

私の勝手な解釈では、ひきこもりとは、生きることに希望を見いだせない状態なのではないかと思う。
シュタイナーの思想を実践することができたら、引きこもりの人はぐんと減る、ような気がしている。
もう「ひきこもってしまった人」についてはよくわからない。
が、これから大きくなる子どもについてなら、必ず大きな助けになると思う。

テレビを見せない、人工的なものを避け、自然とふれあう...なども大事だ。
(一日中ゲームをしている子どもが、大人になって人と触れるのが苦手になるのは半ば当たり前だろう)

そしてそれ以上に大事なのは子どもの親自身が 美しいものに感動し、より良き方向に向かって歩み、周囲に感謝の念を持つことであろう、と想像する。
先生もそうであれば尚いいだろうが、それについて期待する前に、親自身の在り方の方が大事な気がする。

書いてしまえば簡単だが、実践となると、本当に難しい。
さて、一生かかってどこまで進めるだろうか。



Edited by じゅんか 2005-11-09 21:50:19
Last Modified 2005-11-09 21:51:11





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2016 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328