家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 寅ちゃんの思い出(1)

2010-04-10
寅ちゃんの思い出(1)

20代半ばで とある女性とルームシェアしたことがある。
なんとなく 彼女との暮らしについて書きたくなった。


名前は...そうだな フーテンの寅子ちゃん、としておこう。

彼女は 私より10歳以上年上で 普通に考えてルームシェアをするまで仲良くなるはずの人ではない。

だけど、彼女とは縁があった、としかいいようがない。

初対面の時、何を話したかは覚えていない。
何かぼそぼそとしゃべったら
「あなた面白いわね!電話番号教えて!」と言われて素直に書いた。

しかし彼女はそのメモを忘れて帰ってしまったから 
もう二度と会うことはない、と思っていた。

しかし その3日後 町の中で再会した。
しかも、通りすがりに。

関西は 思ったよりも狭いから
イベントやお店の中での再会は珍しいことではない。
趣味が同じ、行動様式が似ている人との再会は むしろ必然といっていい。
だけど 彼女と再会するのはいつも「電車の中」「町の中」だった。
彼女とは別段同じ趣味があったわけではない。

住む場所も、仕事も、趣味も違った。
なのに、何回もひょっこり出会った。

フーテンの寅子ちゃんに関する逸話は多い。
突然電話がかかり 突然何かが起こる。

しかし20代の私はそれを半ば楽しんでいて
色んなことに巻き込まれた。

また、彼女は 破天荒なんだけど 妙な魅力があり、
いつも彼女の周りは華やかだった。

私も彼女と過ごす時間を楽しみにしていたような気がする。

長くなるので続く



Edited by じゅんか 2010-04-10 01:42:00
Last Modified 2010-04-10 01:42:00





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328