家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > 故人を偲ぶ/コマツばあさん(1)

2010-08-05
故人を偲ぶ/コマツばあさん(1)

先日書いた記事で思いきり事実誤認をしてしまいました。
読者の皆様 大変大変申し訳ございません。
以後気をつけます....。
...........................................................................................

ちょっと私の大ばあちゃん(曾祖母)コマツばあさんについて書きたくなった。
私の実母は 8歳だか9歳だかで実母に死別している。
また、物心ついた時には 病気で寝たきりだったので、母はこのコマツばあさんに育てられた。

どういうわけか 母は 自分の両親のことはあまり印象にないらしい。
思い出というとコマツばあさんである。
私が生まれる前に亡くなっていたので 勿論会ったことはないのだけど、ぜひお会いしたかった人の一人である。

94歳で眠るように息をひきとるまで、一家の中心だった。
田畑の作付けも、冠婚葬祭のこまごまとしたことも 彼女が仕切っていた。

息子の嫁(ウチの母のお母さん)が病気で倒れると、荷車に嫁を乗せて遠い病院まで連れて行ったのは このコマツばあさんだった。
病院のある場所は 相当遠い。
荷物が無くったって、若くたって、覚悟のいる距離である。

そのときすでに髪はまっしろで、歯は一本しかないくらいの老婆だったのに、そんな重労働を男にさせずに自分でしていたらしい。それも一度や二度ではないらしい。

ちなみに コマツばあさんは 最初の結婚で 元夫が違う女を作ってしまい、早々に実家へ帰されている。コマツばあさん曰くは「ワシがぶさいくだったから」らしい。

そして、どういうわけだか コマツばあさんの長男の嫁になった女は この元夫の娘だった。
それが 私の実母のお母さんである。
自分を捨てた男の娘と自分の息子を結婚させる姑も珍しい。

しかしコマツばあさんとこの嫁はとても仲が良く、元気なうちは
「ウチの息子がわがままですまんな、ワシの育て方が悪かった...」と嫁をかばい
病気で倒れてからは 世話をしてやり、
長患いの末、嫁が死んだ時には
「ずっと寝ていても良いから、お前には生きていて欲しかった」と言って泣いたそうである。

不思議なばあさんだったと思う。



Edited by じゅんか 2010-08-05 22:51:18
Last Modified 2010-08-05 23:39:48





HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328