家族新聞:みつやん通信 日記 日記 日々の出来事、思うこと。
日記料理シュタイナー手仕事こども

HOME > 日記 > ゆめをみた

2010-08-13
ゆめをみた
コメント(2)

人は眠っている間に 天上に行って、自分の守護天使に会っているのだ....
と書かれた本を読んだ。

だから 眠りは心地よいのですって。
そんなわけで 今日はカンジの添い寝と称して長々とお昼寝をした。

(皆さんが一生懸命働いておられるのに、ごめんなさい)

夢をみた。

夫とよっけとカンジが 2階建ての建物にいた。
どうやら 大きな建物の2階部分の一部が私たちの家らしい。

「ちゃんとカンジを見ててあげなさい」と夫に叱られている私。
私だけが 庭で、何かしている。
カンジは よっけにだっこされて泣いている。

「今忙しい!」というような反撃をしつつ、家に入ろうとするんだけど...。
建物に入っても、階段がみつからない。
外観は洋館なのに、内装は お寺のようだ。
ろうかで墨染めの衣を着た 背の高いお坊さんに会った。
何も言わない。ほめもしない、怒りもしない。
ただ こちらを見ていた。

階段がない、階段はどこだ...と探した。
やっと見つけると、階段は途中で途切れていて 小さな部屋で行き止まりだった。
さて、私はどうやって 家に帰ればいいのか、と思っている所で よっけに起こされた。

全部 夢だった。

ああ、でも 何となく思う。

我が家で最も精神レベルが低いのは私だ。
夫もよっけも カンジも 高い階にいるのに、私だけが地上(レベルの低いところ)にいて
下らない劣等感や不安を大事に持っているのではないかと思う。

階段....私がより良い精神状態を保って行くためには 視点を変えた方がいいのかもしれない。
無表情なお坊様が 私の守護天使さまなのかしら。

だとしたら 彼は 私をなだめたり、おとしたりすることなしに ただ 私のありようをながめているらしい。

ちょっと落ち込んだ。
もうそろそろ眠る。

明日はもっと元気になるゆめをみたい。



コメント(2)

Edited by じゅんか 2010-08-13 23:57:03
Last Modified 2010-08-13 23:57:03


コメント


その夢、お盆の素敵なプレゼントかもね。貴重なメッセージ。私もいただきたい。

投稿者:はやしおたん|2010-08-14 21:32:26


はやしおたん

うん、今日はちょっと浮いたよ。
がんばろーーーー。

投稿者:じゅんか|2010-08-15 23:24:51




HOME
このホームページへのご意見・ご感想は、
メールでお知らせください。

Copyright © 2005-2018 press328.com. All Rights Reserved
Powered by press328